即日融資

MENU

即日融資なら審査のスピードを重要視しよう

即日融資をいう希望を持っている人が理解しておくべきポイントは、いつまでに審査が完了するのかということです。

 

昔と違って今では多くのカードローン会社で即日審査をうたっているので、早ければ最短30分で結果が分かるところもあります。

 

しかし、銀行のカードローンは利息が低いと言うメリットがありますが、その分だけ審査が厳しいので、審査期間が長くなってしまうという弊害もあります。

 

その一方、消費者金融のカードローンは最短30分で審査結果が分かるところもあるので、現金がその日のうちに必要な場合に最適、という異なる特徴があります。

 

100万円以上のような大きな借入を希望するときは、金利の高さは一番大切な内容です。
借り入れした金額が多ければ金利の違いが数パーセントであっても請求される利息額が大いに違ってきますからね。

 

しかしそこまで高額ではなく、数十万円の借入や当日中のキャッシングが優先の場合。
銀行系カードローンより金利を少し多めに払うものの、審査速度が優れている消費者金融がおすすめの選択肢です。

 

キャッシングを利用する時の理由や金額によってどこを利用すべきかを判断してください。

 

即日でお金を借りるのであれば、ネット申し込みから始めるのが鉄則です。
銀行口座へ振り込んでもらうか自動契約機で受け取る方法の2つの方法から、現金の受け取り方を選べます。

 

口座への振込みの場合、ネット口座であればすぐに入金が口座に反映されるのですが、通常の金融機関の振込みは振込された時間帯によって引き出せるタイミングが変わります。

 

当日中に振り込まれたとしても夕方なら、お金が引き出せるようになるには次の営業日という結果になります。

 

これを避ける為に、有人店舗の営業時間が終了した後の即日融資なら、キャッシング会社のATM(無人契約機)を使いましょう。

 

ネット申し込みの後、無人機で手続きを完了させれば、すぐにカードを発行してくれるのでその場で現金を借りることができます。

 

借入金額が50万円以下なら収入証明書は不要なので、借り入れの手間はそれほどありません。

 

まずはネットで申し込み、自動契約機に行ってカードを手にするのが最速の流れです。

 

アコムやアイフルなど大手消費者金融であれば、夜でも自動契約機で借りられます。

 

仕事が終わった時間でもその日のうちに融資を完了してほしいという人は、WEB申し込み→無人契約機の流れを覚えて起きましょう。

借りるよりも大切!返済の基礎知識

ほとんどの大手キャッシング会社では、口座振替やATMでの返済方法を好きに選ぶことができます。

 

どちらの方法にせよ月々の返済期日に定められた最低支払額を払わないとなりません。

 

ここまでは当たり前の話として知っている人も多いですが、利息を減らすことのできるよう『繰り上げ返済』という手段を知らない人は案外多いです。

 

元金を少しでも減らしていけば、最終的な利息を少なくできます。ちなみに、たいていの大きなキャッシング会社なら繰上げ返済に対応しています。

 

とは言え、繰上げ返済できるのは基本的にATMからの返済だけ!ということがほとんどですから、それについては予め確認しておきましょう。

 

なお、その際に併せて確認しておきたいのが振込み手数料です。これはキャッシング会社ごとに対応がさまざまなので、一度公式ホームページで確認することがおすすめです。

 

それから覚えておくべきなのは、もし返済日に入金できなかったら?ということです。

 

ちょっとでも返済が遅れれば、ただちにチンピラまがいのお兄さん達が家や会社にやってくるのでは!?と不安に思う人もいるようですが、法律にのっとり貸金業の運営をしている金融業者ではそのようなことはありません。

 

最初は金融業者のサービスセンターから確認の電話連絡があります。

 

「今月の入金が確認できなかったため、お電話差し上げました。」という感じで、非常に丁寧な感じの電話なので、必要以上に怖がることはありません。

 

ただし、この確認の電話は連絡が取れるまではずっとかかってきます。何度かけてもずっと電話がつながらない場合は、勤め先に電話が来たり、家に催促状が届いたり…という次のステップに移行します。

 

そうなる前に、もし返済が苦しい場合なるべくこちらから返済スケジュールの相談をしてみましょう。

 

キャッシング会社もあくまでも貸したお金を回収したいので、きちんと返済の意志がある人に対しては今後の対応を一緒に考えてくれることもありますからね。

 

数日遅れてしまったくらいならば特別問題視されるほどではありませんが、遅延損害金は発生する事は押さえておきましょう。

 

遅延損害金は大体のキャッシング会社で、年率20.0%程度という高い利率で、返済日を過ぎた日数分合わせてかかることになります。

 

そして更に返済遅延が続き、一般に返済日を2〜3ヶ月過ぎても払わなかった場合、事故情報が信用情報機関に残ってしまいます。それが俗に言われるブラックリストです。

 

そのような状態では信用情報を元にしたローンなどを申込みしてもまずおりません。また、クレジットカードの発行を希望しても信用情報機関のデータで審査を行うので、もちろんクレジットカードの作成はできません。

 

このような事故情報は、各信用情報機関によるところはありますが、一般的に返済遅延の場合は5年間は保存されるとされています。

 

返済についての基本的知識を解説してきましたが、いずれもキャッシングのときに非常に重要となるポイントばかりです。中でも返済が遅れた場合のフローは、ぜひ覚えておきましょう。

 

有名なキャッシング会社ではドラマのような暴力的な取立てはありませんが、とはいえなるべくこういう事態には陥りたくないものです。それを防ぐためにも、キャッシングは計画的に利用しましょう。

更新履歴